太陽光発電というものが、「太陽光パネルで吸収した太陽光エネルギーから電力を作り出している」ということは、だれでも知っていることでしょう。
しかし、その仕組みについて詳しく知っているという人はほとんどいないのではないかと思います。
そこで、ここでは太陽光からどのようにして電力がつくり出されているのかということについて、詳しく見ていきたいと思います。
太陽光発電の第一歩は、太陽のエネルギーを吸収することからはじまります。
この、太陽エネルギーを吸収する部分を「太陽電池モジュール」といいます。
このモジュールはN型半導体とP型半導体で構成されていて、太陽の光が当たるとN型半導体はマイナスの電気を帯び、P型半導体はプラスの電気を帯びます。
すると2つの半導体の間に電位差が生まれて電子が移動をはじめ、電流が発生します。
さて、ここで問題となるのが、太陽光モジュールでつくり出された電流が「直流電流」だということです。
一方、私たちの家庭にある家電製品は「交流電流」によって動いています。
つまり、電力として使用するためには、直流電流を交流電流に変換してあげなくてならないということです。
ここで登場するのが「パワーコンディショナー」という機器です。
パワーコンディショナーは太陽光モジュールでつくった直流電流を、家庭で利用できるように交流電流に変換します。
パワーコンディショナーによって変換された交流電流は「分電盤」に送られ、そこから各部屋のコンセントへと電気を送ります。
また、発電した電力が家庭では使い切れずに余った場合には、その余剰電力は分電盤から電力量計を通して電力会社へと売電されます。
こういった一連の電力の流れは、「エネルギーモニター」を通して視覚的に確認することができます。
モニターにはリアルタイムの電力発電量や消費電力量、売電量などが一目で確認できるのようになっています。
天気が悪くて発電量が少なかったり、エアコンなどの使いすぎで消費電力量が多くなっていたりということも分かるので、省エネの意識付けにもなります。

get( 'keyword', 2 ) ?>
get( 'comment', 2 ) ?>