太陽光発電システムを自分の家に設置しようと考えている人も多いでしょう。
しかし、設置に関しては契約や施工に関するトラブルが多発していることも事実です。
では、実際に太陽光発電システムを導入する際にはどのようなことに気をつけたら良いのでしょうか。
たとえば、埼玉県のホームページには「太陽光発電情報局」というサイトが用意されていて、県民や事業者が留意するべきポイントについて詳しく説明をしています。
まず、太陽光発電を導入するために検討するべきポイントとして、「費用」があります。
太陽光発電の設備を設置するためには多額の費用がかかります。
また、設置した後も、メンテナンス費用がかかるので、そういったすべての費用を含めた検討が必要になります。
その一方で、太陽光発電には補助金や売電収入など、金銭面でプラスの面もあります。
補助金の額は各自治体などによって異なりますが、埼玉県の場合は、太陽電池モジュールの最大出力が4kW以上の場合には1kwにつき10万円、2kW以上4kW以下の場合は5万円の補助が受けられます。
この他に、国からの補助金が受けられますし、各市町村からも重ねて補助金が受けられます。
余剰電力の売電システムも太陽光発電の大きなメリットですが、発電量は地域や住居の向き、隣接する建物の高さ等によって大きな影響を受けることを頭に入れておきましょう。
最初の計画ではかなりの額の売電収入を見積もっていたにもかかわらず、数年後に南隣の土地にマンションが建ってしまい発電量が大幅に減ってしまうということもありえます。
また、最近の太陽電池モジュールはかなり軽量化が進んでいますが、それでも設備全体の重量はかなりのものです。
木造住宅などに太陽光発電設備を設置することで耐震性能に問題が生じることもあります。
設置前に建築業者などに相談しておきましょう。
そして一番大切なことは、太陽光発電設備を設置する際に複数の業者から見積りを取ることです。
各社の見積りを比較検討することで設置費用の相場がある程度分かりますし、追加工事がほんとうに必要かどうかといったことも確認することができるからです。

get( 'keyword', 9 ) ?>
get( 'comment', 9 ) ?>