太陽光発電は省エネ意識の高まりの中で、非常にクリーンなエネルギーとして以前から注目されてきましたが、東日本大震災によるエネルギー不足や電気料金の値上げなどによって、さらに多くの人から注目されるようになりました。
太陽光発電が「CO2や有害物質をまったく排出しない非常にクリーンなエネルギー」であることは既に述べましたが、それ以外にも太陽光発電にはたくさんのメリットがあります。
たとえば、電気代が大幅に削減できるというのも太陽光発電のメリットの一つです。
太陽光発電でつくり出した電力は電力会社が買い取ってくれます。
気象条件などにもよりますが、この売電システムによって毎月の電気代が相殺できている家庭もあるようです。
その他、発電した電力を蓄えておくことで停電時における不安が解消できたり、太陽光発電システムの設置に国や自治体の補助金が利用できるなど、太陽光発電にはたくさんのメリットがあります。
ですから、みなさんの中にも太陽光発電の設置を考えているという人も多いかと思います。
さて、太陽光発電を実際に設置するにあたって問題となるのが、「どのメーカーの太陽光発電を選んだらよいのか」ということでしょう。
国内のメーカーだけ見ても、パナソニックをはじめ、シャープ、東芝、三菱電機、京セラなどたくさんの会社が太陽光パネルを販売しています。
そして詳しく調べてみると、メーカーによってパネルの特徴というものがちょっとずつ違っているようです。
ここでは、パナソニックの太陽光発電パネルの特徴について見ていきたいと思います。
まず、パナソニックの製品は子会社した三洋電機の技術を取り入れています。
三洋電機の太陽光パネルは性能が非常に良いと定評がありました。
具体的には、太陽光から電力をつくり出す効率(モジュール変換効率)に優れています。
モジュール変換効率が良いと、太陽光パネルの面積が小さくてもたくさんの電力をつくり出すことができるので、設置スペースがあまり確保できない住宅でも十分な電力を発電することができます。
同じ設置面積で少しでも多くの発電をしたいと考えているなら、パナソニックの製品を選ぶとよいでしょう。

get( 'keyword', 8 ) ?>
get( 'comment', 8 ) ?>