エコ意識の高い人ならば、二酸化炭素や窒素酸化物などの有毒物質を出さない地球にやさしいエネルギーとして、太陽光発電の導入に興味があることでしょう。
しかし、実際に導入をする段になると、一体どのメーカーの製品を選んだらよいか分からないという人も多いのではないかと思います。
現在、シャープ・三菱電機・東芝・パナソニック(三洋電機)・京セラなど、国内だけでもたくさんのメーカーが太陽光発電システムをつくっています。
また、最近は昭和シェル石油グループのソーラーフロンティアや中国のサンテックパワー、カナダのカナディアン・ソーラーといった外資系の会社も参入してきています。
これらのメーカーがつくる太陽光発電システムはそれぞれに優れた点があり、どのメーカーの製品が良いと一概に言えないのが実情です。
たとえば、太陽光モジュール一つとってみても、各社で使われている太陽電池の材料は様々です。
シャープや京セラが太陽電池の材料としている多結晶シリコンは他の材料に比べて安価ですが、一方でモジュール変換効率はあまり良くありません。
パナソニック(三洋電機)やサンテックパワー、シャープの一部製品で使われている単結晶シリコンは多結晶シリコンに比べて価格が高くなりますが、変換効率には優れています。
中でもパナソニック(三洋電機)の製品は単結晶シリコンとアモルファス・シリコンのハイブリッド方式を採用しており、特に変換効率に優れています
少し変わったところでは、東芝はアメリカのサンパワー社が開発した単結晶バックコンタクト方式という太陽電池モジュールを採用しています。
これは、通常はパネルの表面にある電極や配線をすべてパネルの裏側に設計することで太陽エネルギーを受ける面積を最大化させたものです。
東芝のHPによると、モジュール変換効率は世界最高だということです。
このような傾向から、発電効率を第一に考えるならばパナソニックや東芝がお勧めですし、パワーコンディショナーの効率がもっとも良い三菱電機も人気です。
設置コストを重視するならばシャープがお勧めでしょう。
ちなみに、日本で一番設置件数が多いのはシャープです。
また、原材料から一貫した生産体制を採っているカナディアン・ソーラーも導入コストをかなり抑えることができます。
こういったメーカーの特徴を十分に知った上で、製品を選ぶようにすると良いでしょう。

get( 'keyword', 7 ) ?>
get( 'comment', 7 ) ?>