太陽光発電システムを「品質の良さ」という観点から選ぶとしたら、三菱電機の太陽光発電システムは第一候補となるでしょう。
三菱電機の太陽光発電システムといえば「パワーコンディショナーの変換効率の良さ」が特に優れていることで定評があります。
パワーコンディショナーとは太陽電池モジュールで発電した直流電流を家庭で利用できる交流電流に変換する装置のことです。
たとえ優れた太陽電池モジュールを設置していても、パワーコンディショナーの変換時にロスが多いと発電量は減少してしまいます。
三菱電機のパワーコンディショナーの変換効率は97.5%と言われています。
東芝やシャープ、パナソニックといった競合他社のパワーコンディショナー変換効率は94%から95%であり、パワーコンディショナーに関しては、現状において三菱電機が他社の一歩先を行っています。
もちろん、太陽電池モジュールの変換効率についても、他社に劣っているというわけではありません。
三菱電機の太陽電池セルには単結晶シリコンが採用されており、変換効率は19%となっています。
単結晶シリコンとアモルファスのハイブリッド方式を採用して業界でもっともモジュール変換効率が良いと言われているパナソニック(三洋電機)の製品と比較しても、ほとんど変わらない変換効率を実現しています。
ただし、価格面においては単結晶シリコンのみを使っている三菱電機製品は、単結晶シリコンを使っているシャープや、単結晶シリコンとアモルファスのハイブリッド方式を採用しているパナソニックに比べると、どうしても高くなってしまいます。
シャープと比べると1kwあたりの価格で100円程度違うので、そのあたりをどうのように考えるかでしょう。
また、サポートが手厚いのも三菱電機の特徴の一つです。
多くのメーカーでは無償保証期間10年が一般的ですが、三菱電機の場合はパワーコンディショナーや接続箱、システム部材などについては10年間、太陽電池モジュールについては20年間の保証となっています。
サポートの充実という面からも、三菱電機の太陽光発電システムは魅力的だといえるでしょう。

get( 'keyword', 5 ) ?>
get( 'comment', 5 ) ?>